商品名 富士に桜-花瓶
作家名 真葛香斎

イッチン交趾技法で彩られた富士と桜が美しい花瓶です。ガラスのような光沢と透明感が特徴の交趾釉は上絵付の絵具と比べて流れやすく、そのままでは彩色を絵として表現することは困難です。そこで、陶土を線のように盛り付けるイッチン技法をもって色分けを可能とします。
 その工程は複雑で熟練した技術が必要となります。それぞれの色によって焼成温度が異なる為、二度三度と焼成します。陶土に負担がかかる為、耐えられる限界を見極めることが求められます。  
その複雑かつ困難な技法によって生み出される作品は、とても陶磁器とは思えない極彩色で透明感がある美しい仕上がりになります。数ある陶芸の技法の中でもひときわ彩りが象徴的な技法です。


真葛香斎
MAKUZUKOUSAI