商品名 金銀彩細画草花-千呂利
作家名 砂山

 流麗なフォルムの千呂利にモノトーンの淡い色彩の上に金とプラチナがアクセントとなっている上品な絵付が施されています。
 お祝いの席で使われる千呂利、長い口を伝って酒が注がれる様は風情があります。型ではなくロクロで成形され、重厚な見た目ながら持てばとても軽やかです。取手は京象嵌製で金属地に金銀箔が手作業ではめ込まれているこだわりの逸品です。
 絵付師・砂山は若手ながら確かな技術と独自の感性で美しい細密画を施します。色を使いすぎないモダンな色彩は現代的な感性といえます。千呂利の全体に絵付をしながらも、主張しすぎない絵付が美しいフォルムの千呂利と相まって、繊細な印象を与えます。


砂山
SUNAYAMA