商品名 華薩摩-蝶透かし-香炉
作家名 空女

京焼の歴史の中でとりわけ異彩を放っている『京薩摩』。人間業とは思えない緻密な絵付と極彩色の文様は欧米諸国をはじめ世界で一世風靡しました。明治期から昭和初期に製作され数々の名品を世に送り出した『京薩摩』ですが、恐慌や世界大戦の中でその歴史を終えました。
 空女氏は『京薩摩』に魅了され、自らの表現として細密画に取り組む色絵付けの名工です。
肉眼では確認できないほどの繊細な着彩によって織りなされる絵付は驚愕の一言です。
 鹿児島県の薩摩焼窯元によって造形された総透かしの被せ蓋の中には蝶のモチーフが施された香炉、その香炉と台座に余白なく彩られた絵付。
 再現不可能とまで言われた『京薩摩』が、現代の名工によって新しい形で生まれ変わりました。


空女
KUNYO