商品名 紫彩華紋-透かし鉢
作家名 森里陶楽

独自に調合した陶土・釉薬により彩られた赤紫色のシリーズ『紫彩華紋』は、京都らしい上品な器です。
 華やかな花柄のデザインは三島手によるものです。朝鮮王朝より伝来した『三島手』は成形した陶土にハンコを押して柄を生み出す技法です。古来より茶人に愛された高麗茶碗の名品にもその技法が使われています。
 侘びの代表格として称される高麗茶碗は本来落ち着いた鼠色や黄色の器ですが、『紫彩華紋』は金彩や白化粧が施され華やかです。
森里陶楽氏は代々『三島手』を継承してきた陶芸家の家系を継ぎ、独自の感性から『紫彩華紋』を生み出しました。
 この透かし鉢は『紫彩華紋』の中でもとりたてて華やかな器です。紐状に伸ばした陶土を器に張り付けて渕とつなぎ合わせることで透かしています。成形する手間は当然ながら、複雑な造形から焼成時に変形やヒビが生じるリスクがあります。
 無数に押された三島手と複雑な造形は『紫彩華紋』シリーズを象徴する作品です。


森里陶楽
MORISATO TORAKU